まちなか工房の閉所について

 熊大工学部まちなか工房は,平成17年5月に上通並木坂の太陽堂薬局の2階に開設されて以来,この5月には14年を迎えました. この間,1)学生や教員が中心市街地に身をおき,まちづくりの技術や方策を臨床的,実践的に学習して研究する場を作る,2)地元大学として中心市街地の活性化に向けた地元の取組など,社会貢献や地域連携の拠点を作る,3)大学構成員の大学キャンパス内における活動成果を発表する場を提供することを目的として,皆様と一緒に活動をしてきました.
 2019年7月の開催で149回目を迎えた月例のまちづくり学習会や,熊本市・熊本市商工会議所・すきたい熊本協議会と共同で開催している金沢・岡山・熊本三都市シンポジウムなどの活動の他,すきたい熊本協議会との共催で実施したクリスマスイブ熊電都心結節交通社会実験など,まちづくりに関する調査・研究活動も精力的に行ってきました.
 残念なことに,本年9月をもって大学からの財政的支援が中止されたために,まちなか工房の床の賃借や事務補佐員の雇用ができなくなりました.この1年間,種々の対応策を考え,各所に相談してきたのですが,良い案が見つからず,やむなく9月いっぱいで現在の地より撤退し,まちなか工房を閉所せざるを得なくなりました.これまで,皆様には大いなる支援と協力を頂きましたが,この状況をご高配の上,ご理解を頂きますよう,お願い致します.
 なお,「熊本大学工学部まちなか工房」は熊本大学工学部の附属からは離れますが,「熊大まちなか工房」として,10月に開設される熊日「びぷれすイノベーションスタジオ」の支援機関として再出発します.詳細は後日,紹介致します.これまでのまちなか工房の事務局と連絡先は下記に移設致します.
 これまで同様,皆様にはご支援の程,よろしくお願い致します.

860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学まちなか工房(交通まちづくり研究室)
代表 溝上章志
Tel:096-342-3541
Fax:096-342-3508
E-mail:smizo@gpo.kumamoto-u.ac.jp
URL:http://cedec.kumamoto-u.ac.jp/machinaka/

第151回学習会報告をUPしました。(2019年11月26日 up)
→「学習会報告」へ

3都市