熊本大学工学部は、文部科学省特別教育研究経費の助成を受けて、 「革新ものづくり展開力の協働教育事業 (平成23-26年度)」に取り組んでいます。 これは、学部を超え、大学の枠を超え、地域や国を超えて諸課題について協働学習し、 競争しながら、想像力や、コラボレーションの力など、ものづくり展開力を学習する 教育プログラムの開発と実践的展開、それを支える技術者・デザイナー・研究者の育成を 行っていくための優れた学習システムを整えようとする取り組みです。

本事業で実施している取り組みを紹介します。

体感型授業、問題解決型授業など実践的な知的ものづくり 授業科目の開発・実践プロジェクト(学内公募)
学生グループの創造活動支援プロジェクト(学内公募)
学生創発コンテスト:もの・クリ CHALLENGE など
ものクリ工房、まちなか工房の整備・運営 など
学外専門家や卒業生による連続特別講演:工学部プロジェクトX
国際連携ものづくり教育実践の推進(日韓合同デザインキャンプ)