学生ものづくりプロジェクトの応援

学生諸君がチームを作って企画提案した「ものづくり」の課外活動プロジェクトを、 費用面や技術面を含め応援しています。学外コンテストにもどんどん挑戦できます。

○平成25年度プロジェクト募集中

①採択予定 プロジェクト : 10万~40万程度(総額200万円程度)
②応募方法 電子ファイル申請書に必要事項を記入し, 各学科ものづくり委員(申請書末尾に記載)にメール添付で提出
③応募〆切 6月11日(火) 24時

なお,今年度は説明会は開催しませんので,応募に関する詳細については学科ものづくり委員に問い合わせください.


【過去のプロジェクト紹介】

■ 電動モビリティの製作とレース参戦
鈴鹿サーキットでのソーラーカーレースは様々なトラブルに見舞われ、残念ながら37位でした。来年は挽回します。エコデンカーでは初参加ながらも奮闘し、予選7位、本戦は18組中12位と好成績でした。
機械システム工学科 代表:古賀拓未


■ NHK大学ロボコン出場を目指して
からくりサークルでは、ロボット製作を通したモノづくり活動を行っています。NHKロボコン出場が最大目標で、今年は初めて一次審査を通過し、夏季九州ロボコンでも、手動ロボット部門で2位となりました。
マテリアル工学科 代表:松本翼


■ 熊本大学建築展2012 未来建築の創造
建築学科では毎年学部3年生が中心となり、建築展という学生有志のイベントを開催しています。2012年度の建築展では「未来」をテーマとし、地上・地下・宇宙・海上の4つの建築を創造し企画展示を行いました。
建築学科 代表:上薗修平


■ デザインから架設まで,模型を通じて橋梁製作の過程を探ろう
スチールブリッジコンペティションの競技ルールに従った橋の模型を設計製作します。この過程を通じて、橋梁の構造美、製作コストの縮減、架設技術の重要性を習得し、他大学との交流にも励みます。
社会環境工学科 代表:岡部翔平


■ マテリアル・アート展~マテリアル・アズ・デザイン~
マテリアル工学科学生会が毎年オープンキャンパスと夢科学探検で開催しています。今年度は、さらに全学教育棟などでも材料のユニークな「姿・表情」を紹介しました。
マテリアル工学科 代表:西田昇平


■ 学園祭ものづくり体験コーナー
七宝焼きや印鑑作り体験のほか、壁面を登はんするロボットの運転体験もしてもらいました。ロボット研究の意義を一般の方々に理解してもらう良い機会となりました。
機械システム工学科 代表:矢野恕雅


■ プロジェクト成果報告会での学生の発表
各プロジェクトの代表者には報告会で発表してもらいました。一年間の成果を各学科の先生方に説明し、製作過程での苦労や、得られた事についての質問を受けていました。


■ くまもと産業ビジネスフェアへのソーラーカーの出展
熊本県の産業界や大学から様々な出品がされるビジネスフェアに熊本大学も参加し、ものづくり教育センターのブースではソーラーカーを展示しました。訪れた高校生に製作担当の学生が説明してくれました。


■ イルミネーションコンテスト 出展
宇部市のクリスマスイベント「TOKIWAファンタジア」のイルミネーションコンテストに学生3グループが授業で自主製作した作品をエントリーしました。夢のある作品が訪れる人々を笑顔にしてイベントを盛り上げました。