センター活動報告


■ ものづくりプロジェクト成果報告会
 3月5日に革新ものづくり展開力の協働教育事業のプロジェクト成果報告会が開催されました. 多くの教員や学生の参加があり,また学生プロジェクトの発表については先生方からの質疑や学生同士の議論は大変有意義でした.

日時:平成27年3月5日(水) 10:30~17:00
会場:工学部2号館 212教室
プロジェクト:
学生プロジェクト
早期体験型実験・演習科目開発プロジェクト
循環型産学協働ものづくりプロジェクト
実習・演習教育の改善プロジェクト
新教育プログラム開発

プログラム

****************** プログラム ******************
10:10~10:10 開会の辞,報告会概要説明
10:10~11:50 第一部 5件
       休憩1時間
12:50~14:30 第二部 9件
       休憩10分
14:40~15:50 第三部 4件
       休憩10分
16:00~17:30 第四部 4件










報告者:増山 晃太 [2015年3月6日]

■ 日本工学教育協会第9回ワークショップ「エンジニアリング・デザイン教育」参加
 日本工学教育協会第9回ワークショップ「エンジニアリング・デザイン教育」に参加した. 基調講演 「エンジニアリング・デザイン能力育成科目に必要とされる条件と学習・教育到達目標の設定法および達成度評価法」を受け, 2つの事例紹介がなされ,大学・高専におけるエンジニアリング・デザイン教育の課題の問題提起がなされた. これを受けて後半に行なわれた,「エンジニアリングデザイン教育の問題点と改善方法」というテーマでのグループ討論では, とくに評価法とルーブリックの活用を中心にした多くの意見が活発に交換され,本学での取り組みに非常に参考になる情報が得られた.

開催日時:平成27年2月28日(土)10:30~17:20(10:00 受付開始)
開催会場:工学院大学 高層棟11階 A-1114教室(新宿キャンパス)

プログラム(敬称略)
10:30~10:40 ワークショップ開催にあたって
10:40~11:50 基調講演 「エンジニアリング・デザイン能力育成科目に必要とされる
          条件と学習・教育到達目標の設定法および達成度評価法」
13:00~13:30 事例紹介Ⅰ「PBL 的手法によるエンジニアリング・デザイン教育の
          実施例」
13:30~14:00 事例紹介Ⅱ「Value Engineering を用いたエンジニアリング・デザイン
          教育の実践」
14:10~14:40 グループ討議の進め方
14:40~16:00 グループ討議「エンジニアリング・デザイン教育の問題点と改善方法」
16:00~17:00 グループ討議の発表・討議
17:00~17:10 講師陣コメント・まとめ
17:10~17:20 教育士(工学・技術)制度紹介
17:20 終了


補足資料:開催案内
報告者:大渕 慶史 [2015年03月04日]

■ 日本工学教育協会第15回コミュニケーションワークショップ参加
 日本工学教育協会の第15回コミュニケーションワークショップに参加した.
近頃,大学や研究室に適応できない学生が増えていること,および教員の対応が求められていることを背景に, 「理工系学生と教員の心のケア」というテーマで行なわれた.日本大学名誉教授で学校心理士である川西利昌氏の基調講演と, 人間関係作りのゲーム・プロジェクトアドベンチャーやロールプレイを実際に体験し,グループディスカッションを行ない, それぞれのグルーブでの成果発表と全体討論が行なわれた.コミュニケーションスキルに対する様々な見解と, 学生と教員のメンタルケアに関する多くの手法を学ぶことができ, ものづくり活動における協働作業に不可欠なコミュニケーションが不得手な学生への対応について大いに参考になり, 今後の教育活動で実践できると考える.

開催日時:平成26 年2 月14 日(土)13:00~17:30(12:30 受付開始)
開催会場:工学院大学 高層棟20 階 第6 会議室(新宿キャンパス)

【プログラム】(敬称略)
13:00~13:10 ワークショップ開催にあたって 森村 久美子委員長挨拶と講師紹介
13:10~14:10 基調講演 「理工系学生と教員の心のケア」
14:10~15:10 ロールプレイ1「プロジェクトアドベンチャー・新入生の友達作り」
15:20~16:40 ロールプレイ2「コミュニケーションスキル」
16:40~17:10 グループディスカッション
17:10~17:30 まとめ・講評・閉会挨拶
17:30 終了



補足資料:開催案内
報告者:大渕 慶史 [2015年02月16日]

■ 「TOKIWAファンタジア2014」イルミネーションコンテストにエントリー
 山口県宇部市常磐公園のイベント「TOKIWAファンタジア」が2014年11月30日~2015年1月12日まで開催され, メイン行事のイルミネーションコンテストに本学工学部学生の作品がエントリーしました.
 イルミネーションコンテストは宇部市の常盤公園にある「ときわ遊園地」において, 毎年12月に宇部市,山口大学などが主催する冬のイベントです.
 熊本大学工学部からの出展は5回目です.惜しくも今回の受賞はありませんでしたが, 他大学・高専からの出展も多く,コンテストを通じた学生同士の交流もあり,参加した学生は大満足でした.







報告者:増山 晃太 [2015年1月13日]

■ 第12回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム
主催:全国国立大学法人「ものづくり・創造性教育施設ネットワーク」
共催:山梨大学工学部・大学院総合研究部
日時:2014年11月8日(土)9:30~16:45
場所:山梨大学工学部(甲府キャンパス)情報メディア館5F 多目的ホール

【プログラム】
9:30 開会挨拶
   杉山 俊幸 (山梨大学大学院総合研究部工学域長)
   挨拶・参加校の紹介
   大内 英俊 (山梨大学工学部附属ものづくり教育実践センター・センター長)
9:40 「静岡大学教育研究支援員制度」活用による
    地域ものづくり人材教育の課題解決
   ○鈴木 康之
    (静岡大学工学部次世代ものづくり人材育成センター地域連携部門)
9:55 地域貢献から大学教育まで活用できる計測・制御教材の設計と利用
   太田 信二郎,戎 俊男,永田 照三,○東 直人
    (静岡大学工学部次世代ものづくり人材育成センター創造教育支援部門)
10:10 工作センター技術職員による学外コンテストへの挑戦【金賞受賞】
   ~工作センター認知度向上のための宣伝戦略とその効果~
   ○塚本 真也,春木 直人,福本 博世,堀 格郎,尾崎 亮太,竹内 英人
    (岡山大学工学部創造工作センター工作センター部門)
10:25 創造チャレンジ制度について
   ○廣田 千明,渡邉 貫治,寺田 裕樹,片岡 康浩,長南 安紀,崎山 俊雄,
   石井 雅樹 (秋田県立大学システム科学技術学部)
10:40 休憩
10:50 鋼製橋梁の製作を通じた創造性育成教育
   ○鈴木 啓悟 (福井大学工学研究科)
11:05 東北大学大学院工学研究科創造工学センター(発明工房)活動報告
   ○伊藤 聰,山口 健,石田 壽一,下山 克彦,原谷 奈津子, 沼澤 みどり,
   生出 嘉,高橋 忠雄,門間 清
    (東北大学大学院工学研究科創造工学センター)
11:20 アンケートに見るものづくり公開講座の教育効果 2013-2014
   ○酒井 康彦,兼子 一重,皆川 清
    (名古屋大学大学院工学研究科創造工学センター)
11:35 鳥取大流ものづくり教育プログラムの教材化に向けて
   ○三浦 政司,大崎 理乃,田中 玄洋,村上 健介,大澤 克幸
    (鳥取大学工学部ものづくり教育実践センター)
11:50 熊本大学における「ものづくり」基礎教育の取り組み事例
   ○松田 俊郎,久我 守弘
    (熊本大学革新ものづくり教育センター,熊本大学情報電気電子工学専攻)
12:05 昼食
12:55 施設見学
14:30 過去5年間における秋田大学「ものづくり創造工学センター」の活動状況
   ○和田 豊,神谷 修,土岐 仁 (秋田大学ものづくり創造工学センター)
14:45 大阪大学創造工学センターの教育展開
   ○津田 和俊,三宅 陽治,大須賀 公一
    (大阪大学工学部/大学院工学研究科創造工学センター)
15:00 休憩
15:10 九州工業大学におけるエンジニアリング・デザイン教育の取り組み
   ○土屋 衛治郎 (九州工業大学学習教育センター)
15:25 平成25年度「学科横断的PBLものづくり教育プログラムの開発」事業における
    課題解決型ものづくり実習授業の成果と教育効果
   ○石田 和義,堀内 宏,大内 英俊
    (山梨大学工学部附属ものづくり教育実践センター)
15:40 総合討論・意見交換・打合せ
16:30 記念撮影
16:45 閉会
17:00 懇親会






報告者:増山 晃太 [2014年11月9日]

■ もの・クリCHALLENGE2014
 「もの・クリ」とは〝自由な発想”を競うコンテストです. 今年はアイデア部門(デジタル作品、アイデア提案など実際にものを製作しない作品)と製作部門(アイデアを実際に製作する作品) の2つに分けて「もの・クリCHALLENGE」を開催しました.
 募集テーマに関連するオリジナリティ溢れるアイデア・作品を広く募集しました. 身近にある不便を解決する新製品から,人類・社会の発展や地球環境に関する壮大なテーマ, あるいは自分の研究の延長線上にある未来技術など,みなさんそれぞれの視点・立場から独自に考えた作品(アイデア・もの)を提案してもらいました.

 2014年11月1日(土)に開催された夢科学探検において,「もの・クリCHALLENGE2014」の審査会が行われました.
 最優秀賞は「omoi」(祟城大学 芸術学部デザイン学科 代表:森彬恵), 優秀賞には「SUKUITAI」(物質生命化学科 竹下美海),「アンロックブレーキハンドル」(鹿児島高専 機械・電子システム工学専攻 北園雄基), 審査員特別賞には「電動運搬機~熊本名産!スイカ運ぶ蔵~」(情報電気電子工学科 代表:福永龍太)が受賞し,9件の入賞がありました

もの・クリCHALLENGE2014のページはこちら






報告者:増山 晃太 [2014年11月2日]

■ エコデンレース参戦
 今年のエコデンカーは,昨年の経験を基に学部3年生が中心となって設計製作を行ないました. 最も難しかったのが溶接でした.溶接が不十分だと期待する強度を見込めず,最悪の場合はレース中に破壊する恐れがあるので, 溶接は慎重に行ないました.昨年度と比較し,全長の短いフレームを採用したことと,フレームの部材を細くしたことにより, 昨年の車重が29.6kgだったのに対し,今年度の車重を19kgまで落とすことができました.
 しかし,肝心のレースは台風の影響で中止になってしまいました. そこで性能がどれほど上がったのかを測定すべく,校内で走らせてみたところ, 一回の充電で昨年は15kmを走ったのに対し,今年度は21kmを走ることができたことから,性能は上がっています. さらに改良をして性能を向上させ,次年度のレースに挑みます.また,学園祭でも展示し,子供の試乗で好評を得ました.




報告者:吉川 幸弥 [2014年10月15日]

■ 日本工学教育協会年次大会
 平成23年度より開始した革新ものづくり展開力の協働教育事業も最終年度を迎え, 各学科の授業プログラム開発や学生プロジェクトの取り組みの成果が多く現れています. 平成26年度の(社)工学教育協会年次大会では,教職員の取り組みとして24件の成果報告を発表し, 学生オーガナイズドセッションで学生自主プロジェクト2件の発表を行ない,熊本大学工学部の活発な取り組みが改めて注目を集めました.

場所:広島大学工学部:東広島市鏡山1丁目4番1号
日時:平成26年8月28日(木)~30日(土)





報告者:大渕 慶史 [2014年9月2日]

■ 日韓合同デザインキャンプ2014開催
 今年で5回目となるキャンプ,8月8日~17日に韓国の東亜大学校にて開催されました.
 例年通り,メンバー決定後にまずテレビ会議でチーム紹介を行いました. 学生たちは早速,LINEアドレスを交換して,両国のコミュニケーションが開始, キャンプ当日の開始まで,Skypeなどのインターネットを利用した議論で,企画書を何度も改善しました. 事前準備のおかげで東亜大学校に到着した時には両国の学生たちのチームコミュニケーションは出来ていましたが, 新しいアイデアを実際に実現させる製作は様々な問題や困難が生じ, 日韓混成の9グループは10日間に亘りアイデアの実現と作品製作に格闘しました. 共通の目的を持って真剣に討論し,最後はどうにか納得のいく作品が完成したようです. 最終日の発表会では両国の学生が交互に英語で堂々と説明をしていました.

キャンプの詳細





報告者:大渕 慶史 [2014年8月18日]

■ ソーラーカーレース鈴鹿2014 参戦
 8月1日~2日に,鈴鹿サーキットで行われた ”ソーラーカーレース鈴鹿 2014”に熊本大学工学部ソーラーカープロジェクトのチームが参加しました.
 ソーラーカーの昨年度チームにおける目標は,40周を走れる車両づくりでした. この目標を達成するために,主に5つの取り組みを行ってきました. 一つ目は,空気抵抗低減のためにカウル,キャノピーなどの形状を変更すること. 二つ目は,アッカーマン機構を採用して,旋回性能を向上させたこと. 三つ目は,居住性,重心位置の改善. 四つ目は,鈴鹿サーキットの高低差,曲率を鑑みた走行パターンの改良. 五つ目は,エネルギー密度の高いバッテリーの採用です. これらの取り組みの結果,レースでは過去最高順位である35チーム中16位,4時間でサーキット32周(186km)を走破することができました. レースが終了し,チームの振り返りを行ない課題をリストアップして,次のチームの活動に改善案を反映させています.

公式サイト







報告者:大渕 慶史 [2014年08月05日]

■ ものづくり・デザイン作品展
期間: 4月21日(月)~23日(水) ※23日は16時終了
場所: 2号館1階ロビー
展示品(パネル展示も含む)
入賞作品:もの・クリ CHALLENGE
展示用作品:日韓合同デザインキャンプ
工房製作:ソーラーカー 他

 ものづくりセンターでは,工学部での創造教育,デザイン教育のための授業開発や学生コンテストの実施などを行っています. 新入生を対象に,革新ものづくりセンターのこれまでの授業や自主制作,コンテストなどで学生が製作した作品および教材などを展示しました. オープンな状態で見ることができる配置にしたため,3日間の開催期間で新入生をはじめ多くの学生が見学に訪れ, これまでに見たことないユニークな作品や,実際に動作する教材などに興味を示して見入る姿が印象的でした.







報告者:増山 晃太 [2014年4月25日]

過去の活動報告