センター活動報告


学外からの見学受け入れ - 岡山県立大学デザイン学部
 訪問者: 岡山県立大学デザイン学部
金丸敏彦 教授,入江龍生 教務職員(工房担当)


主に,施設維持や運営に関する資金面の確保が主な調査対象だったため, 5年計画で文部科学省の特別教育研究経費により運営しているものづくり事業に関しては, あまり先方の参考になる話は出来なかった.

そこで,工学部中央工場の運営形態をお話したところ,大いに興味を持たれた. また,熊本大学が国立大学法人に移行してからの変化(主に資金面)に関し,情報提供し, こちらも大いに参考になるとのことであった.

ものづくり事業およびセンターの活動に関しては,調査対象外とのことで,特に先方からの希望は無かったが, デザイン学部においての最近の学生の意識や,学生の作品製作への取り組み方の傾向などに関して雑談形式で 情報交換を行った.

報告者:大渕 慶史 [2007年3月14日]





[ 最近の活動報告へ]

学外からの見学受け入れ - 宇都宮大学工学部
 訪問者: 宇都宮大学工学部ものづくり創成工学センター
長谷川光司 先生(副センター長・情報工学科助教授),
渡辺信一 先生(専任助手),川島憲二 氏(専任技術専門職員),
高木淳二先生(専任講師)


9時15分,「まちなか工房」 を最初に案内.両角センター長と大渕で,センターの活動全般を説明した. 質疑応答を終えて,11時から黒髪キャンパスに移動.「ものクリ工房」見学して戴いた.

その後,川島技術専門職員が,中央工場の見学を希望され,工房の荒井さんと工場の神之田さんに 案内して戴き(約15分),さらに,工学部資料館を見学して戴いた(約15分). 重要文化財の工作機械多数が動的保存されており,神之田さんに機械の運転もデモしてもらい, 非常に喜んで戴けた.

最後に,今後とも良い協力関係を続けていけるように互いに希望し,再会を約束した.

報告者:大渕 慶史 [2007年3月8日]




[ 最近の活動報告へ]


能力開発セミナー「コミュニケーションスキル」開催

報告者:大渕 慶史 [2007年3月7日]



[ 最近の活動報告へ]


2006年度成果報告会

報告者:大渕 慶史 [2007年3月2日]



[ 最近の活動報告へ]



学外からの見学受け入れ - 鹿児島大学工学部
 訪問者: 鹿児島大学工学部 近藤英二 教授,高橋 総括技術長,有馬 技術長,
坂元 技術長,中村 技術班長


13時,「まちなか工房」 を最初に案内.両角センター長と大渕でセンターの活動全般を説明した. 質疑応答を終えて,14時50分から黒髪キャンパスに移動. 「ものクリ工房」見学して戴いた.その後,「ものクリ工房」内で懇談.

最後に,今後とも良い協力関係を続けていけるように互いに希望し,再会を約束した.

報告者:大渕 慶史 [2007年2月26日]



[ 最近の活動報告へ]



徳島大学の創成学習開発センター見学 レポート

徳島大学創成学習開発センターを見学英崇夫センター長,桐山専任教員に対応いただいた. 1時間程度,活動内容の概要を説明いただいた後に,質疑応答.その後,施設見学. 2階の機械工作室は,主に続木章三先生にご案内いただいた.

ニューコメンの蒸気機関の再現プロジェクトの成果作品を中心に,数多くの作品を見せていただいた. また機械式時計の製作に於いては,熊本大学でも取り組みも行っているため,有意義な情報交換を行うことが出来た. 3階の電気工作室でもロボット製作などを中心に幾つかの成果物をご紹介いただいた. ただ,残念ながら訪問時期が定期試験期間と重なっていたため,学生の活動を見ることが出来なかった.

最後に,センター間あるいは大学間の共同体制ができるよう, 良い協力関係を続けていけることを相互に祈念して,見学を終了した. 後日,桐山先生より「JGNⅡの運用も軌道に乗りつつありますので、 双方の学生の取り組みを遠隔で紹介しあえる日も近いと考えております。」とのメールを頂戴した.

報告者:大渕 慶史 [2007年1月26日]



[ 最近の活動報告へ]



第4回ものづくり・創造性教育に関する取り組みシンポジウム レポート

今年で第4回目の開催となる「ものづくり・創造性教育に関する取り組みに関するシンポジウム」. 昨年の東北大学から幹事校が名古屋大学に引き継がれた.

11月22日,名古屋大学においてリンク先のプログラムにより開催. 午前の2件の講演のあと,創造性教育,ものづくり教育に関わるセンターの共通の問題を午後の討論で深めた. また,名古屋大学の創造工学センターの案内が行われた.

補足資料1: 大渕による発表資料
補足資料2: 飯田による発表資料

報告者:大渕 慶史 [2006年11月22日]



[ 最近の活動報告へ]



『ものづくり創成教育シンポジュウム2006』 レポート

10月27日,山口大学ものづくり創成センターの主催で

ものづくり創成教育シンポジュウム2006
 ― ものづくり教育におけるプロダクトデザイン教育の導入 ―

が開催された.

熊大の事例を参加した学生に発表してほしいとの要請があり,大渕と飯田, および試行している模擬授業に参加した大学院生3名 (出崎:電気 藤吉研,岸川:化学 谷口研,山口:建築 最相研)が参加. 発表は,大渕が授業概要紹介,学生3名が「プロダクトデザインを取り入れた創成教育」の成果発表, 飯田がパネルディスカッションのパネリストです.詳細は こちらを参照.

補足資料: (熊大) 学生による発表資料

報告者:大渕 慶史 [2006年10月27日]


[ 最近の活動報告へ]