作品一覧

No. 作品名 作品概要 代表者氏名 所属
1 そこをさわりたいモン
(html版)(pdf版)
facebookやtwitterなどインターネットを活用しているデジタル派なくまモンは大きな手ではマウスがうまく使えないと思った。そこで大型のタッチパッドを使用した使いやすいマウスを製作する。くまモンが使えることはもちろん、高齢者などマウス操作が困難と感じている人にも簡単なマウス操作の提供を目指している。 上久保 裕樹 鹿児島高専 機械
2 さぁモン
(html版)(pdf版)
アイデアコンテストで提出した「さぁモン」を製作しようと考えています。鮭の形をしたマスコットに、ヒレを動かすといった機能を持ったものにする予定です。 清水 学 機械システム
3 貯金箱
(html版)(pdf版)
お金を入れると硬貨ごとに分類してくれる貯金箱です。貯めたお金を使う時に硬貨ごとに分かれているので必要なお金だけ取り出せる。 桝谷 泰章 機械システム
4 はっぴー☆あんぶれら
(作品)(説明)
野外で頑張るくまモンへのプレゼントとして考えた。
傘は主に、雨を防ぐのと、日傘としての2つの目的で使われる。傘にソーラーパネルをつければ、日傘として使っている時、太陽のエネルギーをバッテリーにため、取り付けた扇風機を動かして、涼むことができる。夜はLEDライトを点灯させて、安全かつ楽しく利用できる。傘を大事にする人は少ないので、もっと大事にしたくなるような傘を作りたい。
片橋 匠 マテリアル工学科
5 凄六
(html版)(pdf版)
いつもくまモン体操を踊ったり、熊本のPRをしている頑張りモンのくまモン。そんなくまモンにワクワクしながら室内外で簡単に動き回れるホバークラフトをプレゼントしたいと考えました。熊本の凄いところもみんなに広げられるような形にしたいと思います。 合田 直樹 山口大学 電気電子工学科
6 くまモンの家
(html版)(pdf版)
本作品では見ているだけで癒される熊本の情緒あふれる風景を箱庭として凝縮する.光量や水流を制御することにより、熊本の春夏秋冬を表現し、見る者(くまモン)に癒しを与えることを目指す 髙森 隆維 日本大学 機械工学科
7 ゆったりチェア
(html版)(pdf版)
いつもいろんなところに出張に行きお疲れ気味のくまモンのために疲れを癒すための椅子を贈ろうと考えました。また、くまモンは自然との共生に心を配っているので、材料を木材にし、壊れてしまって捨てる際、自然への負荷が軽くなるようにしました。 野内 源太郎 機械システム
8 らくらくカン
(html版)(pdf版)
缶コーヒーなどを飲むときにはプルトップを開けるが,おばあちゃんや子供たちの中には,開けることに苦労する者も少なくない.そこで,「らくらくカン」を提案したい.プルトップを楽に開けることができ,そのまま缶に取り付けて広い飲み口とすることができる. 山下 秀平 機械システム
9 漕ぐと、、クマモンに、、逢える
(html版)(pdf版)
LEDが付いた棒を自転車の車輪に付け、自転車を漕ぐと光の残像でくまモンに関する文字が描かれる 松田 泰輔 情報電気電子
10 フレフレ★くまもん
(wmv版)
アクリルの棒を横に振ると「くまもん」が空中に現れるLEDライトです。マイコンにプログラムを書き込むことで、どのような絵でも表示させることが可能です。 丸山 諒 サレジオ工業高等専門学校 機械電子工学科
11 KUMAMON CHAIR
(html版)(pdf版)
このマッサージチェアは、「いつも皆にサプライズを届けるために走り回っているくまモンを癒してあげられる物」をコンセプトに製作を行いました。この椅子は折りたたみ式になっており、くまモンが持ち運べ、いつでも好きなときに使えるようになっています。また、くまモンの温かい雰囲気にあうように、木材を使用しました。 山口 聡一郎 崇城大学 デザイン学科
12 くまモンaddict
(html版)(pdf版)
いつも各地にPRに向かっている、くまモンの為になにか役に立つものをと考えた時に、くまモンが移動する際のツールがあれば少しでも負担を軽減することができると思い、キックボード式の移動ツールを制作しました。 竹内 数馬 崇城大学 デザイン学科
13 KM-312
(html版)(pdf版)
いつも身近にあるハッピーとサプライズを多くの人に届けるためがんばっているくまモンへ私たちは、彼が楽しくなれるプレゼントをしようと思い、今回ヘッドホンを制作いたしました。このヘッドホンを使ってもらい、音楽を聴いてくまモンが楽しい気持ちになってほしいと思います。 田中 貴司 崇城大学 デザイン学科
14 くまモンうれしいモン
(html版)(pdf版)
くまモンは全国どこでもみんなに笑顔を届けてくれる。そんなくまモンがみんな大好きです。くまモンによって、もたらされた笑顔が輝いています。きっとくまモンも私たちの笑顔で満ちている。それを形にして、くまモンにプレゼント。くまモンはみんなの笑顔でできている。 益田 茜 建築
15 くまモン はさまるモン
(html版)(pdf版)
くまモンが喜ぶ」贈り物ってなんだろう。それは、みんながサプライズ&ハッピーになることじゃないかな。でも、人は苦手な人とうまく付き合えなかったり大切な人に素直に感謝の言葉が言えなかったりする。そんなときこそ、くまモン型しおりの出番!これを渡して一歩踏み出そう。くまモンが人と人をつなぐしおりになってくれるから。 川口 彩希 建築
16 和と癒しのアイマスク
(html版)(pdf版)
多忙なくまモンの疲れを癒すアイマスクというコンセプト、周囲に迷惑をかけずにどこでも使用できる光による目覚まし機能つき。 伊関 崇志 物質生命化学科
17 モクバコ
(html版)(pdf版)
熊本のアートポリスのひとつであるモクバン。木のあたたかさを感じる事ができる作品である。そんなモクバンようなあたたかさを身近に感じ、癒されてほしい。熊本を各地に紹介するため、毎日毎日頑張っているくまモンを少しでも元気づけたい。そこで、私たちは木のハコのプレゼント「モクバコ」を提案する。 木村 龍之介 建築
18 Another Life
(html版)(pdf版)
今や時の人となったくまモン、公務員にもなって毎日大忙しの日々を送っていることでしょう。いつも笑顔のくまモンですが、きっとお疲れでもあると思います。そこで、そんなくまモンに、男の子なら絶対キュンとなるゲームをプレゼントして、日頃の疲れを癒してくれればと思っています。 竹本 隼 マテリアル工学科