「もの・クリ」とは〝自由な発想”を競うコンテストです。 今年は製作部門(アイデアを実際に製作する作品)とアイデア部門(デジタル作品、アイデア提案など実際にものを製作しない作品)で、 コンセプトは共通としますが、テーマを別にして「もの・クリchallenge2010」を開催しています。 表彰もそれぞれの部門で最優秀賞,優秀賞が選ばれます。

 共通するコンセプトは、『快適な暮らし』『快適な生活』
製作部門のテーマは『私の快適アイテム』です。 普段からいろいろ考えている私のわがままな一品を形にして下さい。
アイデア部門のテーマは『キャンパスサイン』です。おしゃれで楽しいキャンパスづくり,すてきな熊本をイメージできるキャンパスづくりを、 構内標識を題材に挑戦してみませんか。
 「快適な生活」をコンセプトに、テーマは製作部門がパーソナルスペースを対象にした「私の快適アイテム」、 アイデア部門がパブリックスペースを対象にした「キャンパスサイン」で、製作部門17件、アイデア部門13件の参加がありました。  製作部門の最優秀賞は「あしをつかいマウス」(機械システム 江藤利宏君)が受賞。 両手が塞がっていても足で操作でき,マッサージ効果もある足用PCマウスを製作しました。 優秀賞ではノックのパターンによって施錠登録と開錠ができるドア「knock lock」(マテリアル工学科 高松洋平君)、 アイデア部門の優秀賞は,駐車場の空き状態を検地しライト道を照らして誘導してくれる「駐車誘導信号路」 (代表:情報電気電子 東 英和君)、学内の駐輪場とサインの提案により“おしゃれで楽しいキャンパス”を 目指した「熊大内駐輪問題改善企画」(代表:社会環境 西川眞哉君)が表彰されました。